読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキバー旅行記

ヒッチハイクに始まり、日本一周、オーストラリア一周、、、 考え、気づき、知る。誰の人生でもなく、自分の人生を歩むために Twitter→@kctikimono Facebook→柿林春輝

スポンサーリンク

インドビザ申請攻略

スポンサーリンク

この間3時間かけて作ったオンラインビザ申請書
ミスが発覚して書き直し、ついでに写真も規定が変わってて撮り直し、、、
インドのビザはなかなか強敵なようです。

インドのビザは申請は規定がいちいちかわるらしく、そのくせ以前の方法で送ると送り返されるというとんでもないクセものらしい

ってことで8月現在のインドビザオンライン申請の方法を実践とともに書きたいと思います
これからインドに行く人は参考にしてください。

必要書類
1.パスポート(有効期限が6ヶ月以上あるもの)
2.オンラインビザ申請書
3.航空券のeチケットのコピー
4.写真(5㎝×5㎝)×2枚
5.返信用封筒(235㎜×120㎜)
6.ビザ申請料1890円+ビザ返送料740円(広島県の場合)

パスポートはさておいて、
2.オンラインビザ申請はIndian visa onlineというサイトから発行できます、サイトのregular visaから申請を始めます
項目がたくさんあって、本籍地とか勤め先とかも書かないといけないです、残念ながら日本語じゃなくて英語。
ここが一番重要なので、入力ミスのないように気をつけましょう。インターネットで各項目の意味など書いてあるサイトもあるので参考にした方がいいかも
合計で4ページあるんですが、各ページ入力を決定するとき、保存して入力を続けるか保存して入力を一時停止するか決めるボタンが出るので、保存して一時停止を選びましょう。
ここで続けるボタンを押すと、なぜか保存もされず、最初のページに戻っちゃって入力し直しに、、、
最後まで入力したら、PDFのデータになるので保存して印刷しましょう。そして署名を二箇所して終了。これに撮った写真をはっつける!
3.最近になって入国と出国が証明できる航空券のeチケットなどのコピーが必要になったらしいです
4.5㎝×5㎝は写真屋で撮ってもらわないとない。さらに規定がいろいろと決められているので、http://indiavisajapan.com/Japanese/VisaFees.aspx
の要項を写真屋さんに提示しておかないといけない。1枚は申請書に貼って、もう一枚は同封して送る。
5.返信用封筒もサイズが決められていて、書留orゆうパックでパスポートなどを返送してもらうので、住所を書いた封筒を入れておく。
6.ビザの申請書は一律1890円、パスポートを返送してもらうためにゆうパックor書留を利用するため、返送にかかる料金も同封しておく。
以上がおおまかなビザの申請方法です。
f:id:kakibayashi:20150814085614j:image
これ完成するために6.7時間費やした、、、
インド恐ろしや(笑)
ってことであとは頼んだぞインド人!

そして昨晩はKyleとそのゆかいな仲間たちが泊まっていきました
カナダとオーストラリアのAEON教師とその日本人の生徒さん2人
すごい楽しそうだった
僕の目指してるバックパッカーの姿がそこにありました
couch surfing始めてから旅好きな人と関われるチャンスが少しずつ出てきました
知らないだけで世界中回ったり、旅して回ってる人はいっぱいいる
もしかしたら同じ学校にも旅好きな人が探せばいるのかもしれない

ヒッチハイクバトルしたい今日このごろ、
今日から四国ヒッチハイク旅いってきまーす