読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキバー旅行記

ヒッチハイクに始まり、日本一周、オーストラリア一周、、、 考え、気づき、知る。誰の人生でもなく、自分の人生を歩むために Twitter→@kctikimono Facebook→柿林春輝

スポンサーリンク

全部タダ!!

スポンサーリンク

インド上陸15日目

寝すぎて寝れない寝台列車
やっとアムリトサル着いた

着く間際に、声もテンションも高めのインド人が話しかけてきた
1人旅だと誰かしら絡んできてくれることが多い
そして気づいた、
さんざん英語に囲まれた生活しておきながら全然成長してない。凹

そのインド人と別れをつげ、いざアムリトサルの中心 黄金寺院へ
(バラナシの黄金寺院はヒンドゥー教ので、アムリトサルの黄金寺院はシィク教の聖地)

駅出てからまずリキシャーからの歓迎を受け、やっぱり歩いていった

命より大事なケータイと呉工業高等専門学校 図書館からお借りした地球の歩き方を握りしめ、探索すること1時間

腹が減っては巡礼もできぬってことで、とりあえず朝食
f:id:kakibayashi:20150924221518j:image
トマトチーズピザ 270円

インドにはベジ(野菜のみ)とノンベジ(肉あり)とピュアベジ(根菜も無し)の3種類があるらしい

根菜も抜きっていうのは、とことん殺生をしないっていうことなんだろうか?
知らない

インドいたら肉あんまり食べれないからどんどん体が弱くなっていく感じがする

黄金寺院に近づけば近づくほどいろんな露店やショップが並んでいた

そして、まずは黄金寺院となりの巡礼宿 到着
ここのドミトリーはなんとタダ
出るときお布施を渡すか渡さないかはあなたしだい。ってやつ!

黄金寺院のすごいところは生活に必要なことを全てタダで済ませられること
宿に加え、食事、トイレ、風呂全てタダ
f:id:kakibayashi:20150924221644j:image
逆にいえば全てボランティアと寄付金で成り立ってる
日本じゃありえないよね

荷物置いて黄金寺院内へ
靴をあずけ、手と足を洗い、髪を隠したら準備完了

うお、ほんとに黄金だ!
f:id:kakibayashi:20150924221703j:image
ヒンドゥー教の黄金寺院はどこに黄金があったのかわからなかったぞ!

池の真ん中に堂々と建つその聖地へものすごい量の人が入っていく
続いて入ってみると、棺桶みたいなのを囲んで十数人のシィク教の人が曲を演奏していた

続いて無料の食堂へ
皿を配られ、二階へ
みんなで仲良く座って待ってると、給食係が全部注ぎに回ってきてくれる

本日の献立はカレー的なカレーじゃない何か2種類、チャパティ、めっちゃ甘いおかゆ
f:id:kakibayashi:20150924221739j:image
ずっと前に行ってQで見たことあったけどほんまそのまんまだった

皿を受け取る人、料理作る人、皿洗う人
365日、これ全員ボランティアで回ってるってすごい
f:id:kakibayashi:20150924221811j:image

夕方、時間があったので外でブラブラ
これが失敗だった

急な雨でアムリトサル水没
f:id:kakibayashi:20150924221832j:image
おれも膝まで水没

ありがたいことに、アムリトサルの街はノラ牛がいないからフンもそんな落ちてない
から、水も深刻なほど汚くないと信じる。

おかげさまで再び風邪っぽくなって、7時とかいうアホみたいに早い時間に寝た

今日の一枚
トイレ前の一般用巡礼宿
f:id:kakibayashi:20150924222431j:image
なんかプリズンブレイクみたい(笑)
タージマハルよりずっとこっちのほーが好き
上の階で両手着いてこっち見てきてる感じとか、プリズンブレイクすぎてずっとおりたくなる
わかる人にはわかるはず(笑)