読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキバー旅行記

ヒッチハイクに始まり、日本一周、オーストラリア一周、、、 考え、気づき、知る。誰の人生でもなく、自分の人生を歩むために Twitter→@kctikimono Facebook→柿林春輝

スポンサーリンク

そうだ、インドへ行こう!

スポンサーリンク

今回はこないだのインド旅行のとき、俺の背中を押しをしてくれためっちゃ面白い本を紹介します

その名も
「インドなんて二度と行くかボケ!!」

 インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも (アルファポリス文庫)

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも (アルファポリス文庫)

 
題名からすでに、インドが世界でもトップクラスのうざい国であることが伝わってくる(笑)
(実際、とてつもなくうざい国だった、、、)
 
列車移動が多いインドのため、暇つぶし用に旅す行前急いで購入した
そして行きの飛行機で読み終えた。。。
 
実際に行ってみると、本の中に書いてあった内容に次々と遭遇したので爆笑した(笑)
 
街中のどこにいっても香る砂ぼこりと糞の匂い
信号無視と逆走が当たり前の舗装されていない凸凹道路
お前がどけや。みたいなドヤ顔で立ちはだかる牛に次ぐ牛
駅を出た瞬間4.5人でいっせいにたかってくるリクシャーワーラー
嘘を嘘で塗り固め、それをさらに嘘でコーティングするインド人
「学生だから特別に割引だ!」とかいいつつ相場の3倍の値段で平気で売りつけてくる土産屋
すれ違いざまに、唯一知ってる下品な日本語を叫んでくるバカ
お腹下すのは俺の店の衛生状態が悪いんじゃなくて、お前の胃の弱さが悪い!という常識。
 
ガイドブックでは分からないインドの楽しさが伝わってくる
実際、この本のおかげでインド旅行が2倍は楽しくなった
特に、この作者はどんな地獄へも笑って突っ込んでいけるような面白い人なのでよけい受ける(笑)
 
旅行記っていってもそんな硬いものじゃなくて、読みながら声出して笑ってしまうくらい面白い(笑)
 
初めてインドに行く 旅人にとっては「地球の歩き方」と同じくらい必要な本だ
この2冊と、トラブルでも楽しめる心さえあれば、インド旅行は安全かつ楽しいものになるだろう!
 
インド旅行にいって気づいた、旅に必要なのは大量のお金でもなく、快適にすごすための道具でもない
本当に必要なのは、旅を楽しむためのワクワク感と、しょうしょうのトラブルなら笑い話にしてしまうくらいの心の余裕だ
 
そして今回の記事もここまで書いて気づいた
海外ひとり旅を1回しかしたことない俺みたいなペーペーがこんな偉そうに何を言ってるのかと、、、
ということでクレームは受け付けません。笑