読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキバー旅行記

ヒッチハイクに始まり、日本一周、オーストラリア一周、、、 考え、気づき、知る。誰の人生でもなく、自分の人生を歩むために Twitter→@kctikimono Facebook→柿林春輝

スポンサーリンク

ヒッチハイク0円旅 〜さーて来週のサザエさんは〜?〜

スポンサーリンク

名古屋で高速降りちゃったとこからの続き

相変わらずICの前は良いヒッチハイクポイントない
しかもすでに夕方
暗くなったらまじで横浜にたどり着かねーぞ
やべーーーー

けどやるしかねー!
車が止まれるか止まれないかもよく分からない道路でボードヒッチすること5分、、、



なんと1人の女性が止まってくれた!!!
なんかめっちゃ驚いた顔してる(笑)
ヒッチハイクはそんな恐いですか!?笑

ついでに言うと、
驚いてる間にも車めっちゃ後ろ続いてますけど、だいじょーぶですか(笑)
2分くらい車線を塞いぎ、大行列を作ったのちなんとか最初のPAまで乗せてってもらえた!

なんか驚かせてすいませんでした(笑)
でもすっごい助かりました!
驚いて止まってくれなかったらまじであぶなかった、

そして再び名古屋のPAからヒッチハイクスタート!!
すでに日は暮れかけている
急げ!!


開始1分
1台のハイブリッドカーが停車。

はぇーー!!!!!
こんなに楽しちゃっていいんですか!?
逆に不安になる(笑)

乗せていただいた男性は東京まで行かれるらしく、横浜の港北まで連れってもらえることになった

やったー!!
とりあえず今日中に折り返し地点の横浜につけそーだぜ

前回横浜にヒッチハイクで行ったときも思ったけど、静岡が長い。笑
他の県はすっと通り抜けていくのに、静岡だけやたら時間がかかる

今回も名古屋から神奈川まで3時間半とかかかったんだけど、その人の話がおもしろすぎてすごい充実した時間になった(笑)


今週のお話しはこの3本!
第1話
「残る後悔、大学でのいざこざ、そんな中でもなんだかんだ青春したバスケ部」
第2話
「中学1年で好きになった子、その子に3年以上も振り回されるとわ、、、」
第3話
「家業のお寺を継ぐも、宗教っていろんな意味で複雑で大変だぜ」 

なんかサザエさんみたいな言い方しちゃったけど、
最後の宗教の話はまじめに考えさせられた

家がお寺で、家業を継いでお坊さんになったのだとか
某宗教みたいに無理やり信仰させようとするのは間違っている
かといって、布教をせずに人々が集まってくるのを待っているようでは自分たちが食っていけない
宗教は信仰心が1番大事と言えど、なんだかんだ信者からお金をもらっていかないと成り立たない

うーん
難しいところですね、、、

それとか、付き合った子の祖母が宗教的に合わない宗教を信仰していて、結局結婚まではいけなかったことなども聞いた

正直こないだの顕正会のこともあって、この話聞くまでは宗教を拒絶してた
けど、宗教を信仰することは決して悪いことでもないし、他人にも迷惑をかけない
人によってはこころの持ち方もかわり、良い生き方ができるようになる

無理やり人に押し付けるような布教をしなければ全く問題無いってことを教えてもらえた
宗教を信仰するかしないかは別問題にして、
その人のおかげで、宗教に対する偏見が無くなった

横浜の港北で降ろしてもらいお別れ
f:id:kakibayashi:20151113211334j:image
車に乗せてもらえただけでなく、いろんな経験と教訓も教えていただきました
(休憩時にはジュースの差し入れまでもらいました)
本当にありがとうございました!!


そんなこんなで無事横浜に到着
その晩は横浜市内の友達(毎度お世話になっております大谷くん)の家に泊めさせてもらった

友達の家まで十数キロ
広島ー横浜まで出会った人たちのことを考えながら横浜の街を余韻に浸りながら歩いた

f:id:kakibayashi:20151113211420j:image
一人旅の孤独ってやつ
孤独っていうとマイナスのように聞こえるけど、
いろいろ考える時間ができるし
剣のように思考が研ぎ澄まされて、普段気づかないようなことに気づける
みんなでワイワイするときとはまったく別の楽しさがある

2時間半歩いてやっと友達の家到着

風呂借りて、寝る場所もらって、夕食まで食べさせてもらって、、、
第二のマイホームや
f:id:kakibayashi:20151113211754j:image

やってる間は気づかなかったけど、一日中ヒッチハイクしてとてつもなく疲れていて
ほっとした瞬間爆睡してた。


無事前半戦終了
ここで折り返し
なんだかんたまだ生きてるぜ
それもこれもいろんな人の助けあってのことだけど
すでにいろいろ思うことはあるけど、それについては無事家に着いてからまとめます

後半へ続く