読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキバー旅行記

ヒッチハイクに始まり、日本一周、オーストラリア一周、、、 考え、気づき、知る。誰の人生でもなく、自分の人生を歩むために Twitter→@kctikimono Facebook→柿林春輝

スポンサーリンク

イベントを作る上で得られるものと喜び

スポンサーリンク

俺は今、幸せな気持ちでいっぱいだ
この上ない喜びを感じてる。
本当にこのイベントに参加してよかった


ひろちかフェスタ当日
朝5時半、
気づいたら寝坊していることに気づく!
6時に広島駅にはつかないといけないのにふつーに遅刻じゃん!!
やべーー!

急いで出発するも目の前で広島駅行きが出発
、ダブルパンチ。。

そしてやっとの思いで広島駅行きの電車に乗り込んだ
時間がもったいないので急いでステージの流れを再確認
搬入の流れももう一度確認

ふーー
やっと広島駅についた〜

ってここ横川駅!?!?
なんてこった
てんぱって、横川駅行きの電車に乗ってしまってもーた

JRで急いで広島駅に向かう
そしてこんな時な限って買ったはずのキップを無くす
その上ステージ対応に必須の時計も忘れてしまっていることに気づく

スタートからやらかしまくってる
俺らしいっちゃらしいけど、、、

まあまあ、ここからが勝負!
気合入れなおすぜ!!

第一の関門
〜搬入〜

搬入口に一台しか車が置けないため、30もある出店ブースの搬入を一つ一つ管理する

出店者に電話かけて、車来て、荷物台車で流しての繰り返し
計画通りとまではいかなかったが、なんとか乗り越えられた

おかげで、10時半の時点で魂が抜けかけてた。
こんなんで次のステージ対応いけんのかよ〜


第二の関門
〜ステージ対応〜

ひろちかフェスタのメインイベントのステージ
これを無事に行うためのサポート
ステージ主演者と流れ確認、準備の手伝いなどなど
お客さんが見てるところだから搬入より重要
ミスれない!

俺の担当は
ウクレレ奏者のこうだfusaiさん、和太鼓奏者の打魂さん、大筆とダンスのコラボ 手紙家&infinity、ヒッチハイクシンガーソングライター清水十輝さん

ステージ対応なんかやったことなかったのもあり、段取りが悪くて
出演者の方々にはとても迷惑をかけてしまった

でもこれも経験
失敗の数だけ伸びると思ってる
俺は失敗から学ぶ派なんだと改めて実感した

ステージ出演が10あるから、1つに15分しか割けないというつめつめの状態にもかかわらず
俺のヒッチハイク動画まで流してくれた
ひろちかの大スクリーンに俺のバカでかい顔が現になった(笑)
f:id:kakibayashi:20151222150124j:image

忙しい合間にもこはるさんと写真とってもらったり
f:id:kakibayashi:20151222150720j:image
(びっくりするくらい可愛かった。)

打魂の迫力に圧倒されたり
f:id:kakibayashi:20151222150833j:image
(和太鼓ってめっちゃかっこいいじゃん!)

手紙家くまさんとinfinityのコラボに笑わされたり
f:id:kakibayashi:20151222151001j:image
(JKのど真ん中でソロで踊ってた(笑))

トキくんの歌声に聞き入ったり
f:id:kakibayashi:20151222151057j:image
(サプライズでMCのあんでぃ(16歳のシンガーソングライターの子)に歌わせてあげたのには感動した)

一日中走り回って鬼忙しい中
ふとした瞬間ステージに見ていると、
なんとも言えない充実感があった

イベント運営だったけど、なんとなくイベントを作り上げる楽しさってのが分かった
たかだか5時間のイベントのために2ヶ月前からの準備
ものすごい時間をかけたからこそ、
それが本番で花開く喜びは計り知れない

前日に数時間準備しただけでこのイベントができていたとしたら、ここまでの喜びはなかっただろう


あのとき、あの場所で、あの選択があったからこそ今ここにいて、今の俺がある

インド旅行に行くとき、関空に向けてヒッチハイクしてよかった
初めての顔合わせのミーティングのとき、よっこさんに誘われた二次会に参加してよかった
顔合わせのあと、迷いに迷ったあげくイベントに参加することを決めてよかった

そして
リーダーのよっこさんについてきてよかった


この偶然は、宝くじで一等を当てるよりも難しいだろう
誰に感謝したら良いのかはよくわからない。
けどありがとう

2ヶ月で本当にいろんな経験をさせてもらった
自力での出店者探し
イベントを回って、面白そうな人に声をかけてみる
結果一件だけではあるが、自分の力で出店者に来てもらえることができた

三条の会のアポと取材
飛び込みで取材のアポを取りにいき、そこから取材までさせてもらえた
快く動画撮影に応じてくださり、満足いくまで話してくださった
飛び込みは勇気がいるけど、それを乗り越えれば新たな出会いが待っている

飛び込みでの協賛集め
広島駅周辺の店に飛び込みで協賛集めをした
相手側からしたら、誰だお前?
って感じだったと思う
けど、
めげずに飛び込み続けると、そこには優しさが待っていた
俺の拙い説明にもかかわらず、快く協賛をしてくれた方々
かけがえのない経験だ

当日までの数々の準備
このイベントのおかげで俺の経験値がまた増えた
横のつながりも増えた
もう大成功以外のなんでもない!!

最後になるが学生リーダーのよっこさんには本当に感謝している

俺はこの人ほど合う人に未だかつて会ったことがないかもしれない
それほどにも、一緒にイベントをさせてもらっていて楽しかった

俺が最後までイベントの手伝いに力を注げたのは全てこの人のおかげだ
リーダーがよっこさんじゃなかったら、ここまでやれていなかっただろう

スタッフ1人1人に気を遣い、いろんな人や場所を周り、イベントの1週間前からは徹夜続き、それでも笑顔でイベントの準備に打ち込む姿

心のそこから尊敬している
そしてこれからついていきたい



何度も言うけど
本当にこのイベントに携わらせてもらえてよかった

ありがとう「ひろちかフェスタ」

f:id:kakibayashi:20151222160156j:image