読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキバー旅行記

ヒッチハイクに始まり、日本一周、オーストラリア一周、、、 考え、気づき、知る。誰の人生でもなく、自分の人生を歩むために Twitter→@kctikimono Facebook→柿林春輝

スポンサーリンク

第2回ヒッチハイクバトル!

スポンサーリンク

第2回ヒッチハイクバトル
今回の目的地は福岡県の糸島市

前回の参加者でもある紅さんおすすめの場所だという糸島市
面白い店やスポットがあるらしい

スタートは紅さんのシェハウス恩からすぐ近くの国道2号線

今回の参加者はこちら!

かっきー&れいやー
f:id:kakibayashi:20160223122004j:image

よっこ&きみちゃん
f:id:kakibayashi:20160223123718j:image

紅さん&おぐちゃん
f:id:kakibayashi:20160223123751j:image

この組み合わせで、ヒッチハイクバトル行きの部スタート!!

スタートの出発は、ドライバー選出方式
サンクスでみんなでヒッチハイクし、止まった人に乗せる人を選んでもらう形式
(男2人組の自分たちはやばいなー笑)

1人目は紅さんが捕まえた運転手
早速選んでもらいました

案の定、選んでもらったのは よっこ&きみちゃん
お二人さんいってらっしゃ〜い♪

お次も紅さんが、捕まえた運転手
さすがすぎる(笑)

次に選ばれたのは紅さん&おぐちゃんのチーム
案の定僕ら男チームはあまりもの、、、笑

しゃーない
自力で頑張るかー

ってことでサンクスから出てきたおばちゃんに早速声をかけてみる
「あのー、僕たちヒッチハイクで旅してるんですけど、ちょっとだけも乗せていただけないですかねー?

「私自転車なんで^_^;」

あ、すいません(笑)

さすがに自分でも笑えてしまい、こっからはもうなんも気にせずいけた
次の人はちょっといかつい兄ちゃん

声かけた瞬間
「うわ、めんどくさい奴きた。。。」
顔は笑ってる(笑)

ありがとーございまーーす!!!!
れいやーと2人でウキウキで乗り込む

しかし、乗り込んだと共に兄貴からのお達しが
「今から友達迎え行くんやけど、そいつやばいで
口癖がぶっ殺すで高校の時のあだ名が「テポドン」やけんの」

どんな恐ろしい人やねん!!
ドッキドキで待つこと10分、テポドン現る

見た目いかついけど、中身めっちゃ面白くて楽しい

次に乗ってくるという友達のあだ名はバリカン
もうなんも言えねぇ(笑)

しばらくしてバリカン現る
なんだかんだみなさん優しい!!

兄貴は、本当は祇園に行く予定だったにも関わらず、宮島口まで乗せてってくれました

車の中ではどんちゃんさわぎ、
1台目からたのしすぎた
f:id:kakibayashi:20160223235727j:image
ありがとーございまーーした!


そこから歩きながら2台目を探す
そして今度はれいやーが話しかけたお父さんが乗せてくれた!

お父さんくっそ緩い(笑)
なんでもかんでも肯定して、角が全くない!
優しすぎてとんでもなくいやされた

俺も結構自然に壁を作っちゃう方だけど、このお父さんには自然に接することができた

そしてそのまま錦帯橋
なんかすでに観光名所2箇所も回ってしまった
f:id:kakibayashi:20160224000933j:image

この調子で大丈夫かな〜

観光帰りの人をあたってみることに、、、

全然いない!
平日なのもあってか全くいない

30分やって、やっと1組にカップルに声をかけれた
デート中にもかかわらず、
なんとか近くの高速入り口まで乗せていってもらえました

そこからさらに
下道で徳山東インター前まで連れてってもらい
その近くのコンビニで再びヒッチハイク

場所の良さもそこそこだけど、なかなか車は止まらず
どーしよーかなーって思ってたところにお兄さんの乗る1台の車が止まってくれた

本当は広島方面に行くというお兄さん
そこから50キロくらいはあるのに、わざわざ反対方面の美東SAまで連れてってくれた!!
なんという優しさ、、、

今日出会った人みんな優しすぎてもうお腹一杯だ。。。
道中乗せてくれる人でさえめちゃくちゃありがたいのに、
なんでそこまでしてくれるんですか?ってくらい優しくしてくれる人たちばっか

美東SAの時点ですでに16時半
そろそろやばいなー
2人で焦り始める

時間もないのでガンガン声をかけていく
と、やっとのことで1組の親子に乗せてもらえることに

僕らの一個上の代の息子さんとそのお父さん
福岡までいくということで、一気に福岡の古賀まで乗せてもらった!
最初はおそるおそるオッケーしてくれたお父さんだったが、最後には一緒に写真を撮ってくれるほどにまで仲良くなれました

そこからラストパワーで仕事終わりのお父さんに乗せてもらい糸島へ
このお父さんも、本当は福岡市内で降ろしてもらう予定だったにも関わらず
仲良くなった結果、ゴール地点の糸島のきららの湯の目の前まで連れてってくださいました!
福岡市内から1時間弱もかかる道なのに、、、
本当に優しさに助けられました

結局、ゴールしたのは20時
広島から8時間半かかりました

時間はかかったものの、今日1日だけでもいろんな人と出会えて、話せて、優しさを受け取って
お腹一杯です!!!!

今回思ったのは、自分たちの接し方や話し方によって相手の接し方や対応も全然違うってこと
いうなれば鏡

俺と一緒にヒッチハイクしてくれたれいやーはすごい緩い
性格も雰囲気も緩い

ゆったりとした接し方だから、乗せてくれた人たちとの壁も壁を作らずすんなり仲良くなってくれる
8割方は自分の接し方が相手に影響して結局は自分に返ってくるんだなーって実感した

俺はどちらかと言えば人見知りするし、分かってはいても初対面のドライバーと壁ができてしまっていることが多い
こっちの緊張は、雰囲気として相手にも伝わって結局はお互いが薄い壁を作ってしまっている

この不必要な壁を作らないことが俺の第一の課題だなーって思った

でもこれは1人でやってたら気づかなかったことだし、れいやーとやったら分かったことでもある

ヒッチハイクから学ぶことはまだまだ底知れないし、もっともっと回数重ねていろんな経験を味わわなければならない
一緒にやる人によっても違いが出てくるヒッチハイク
奥深い、、、


その後から他のチームも続々と到着し、きららの湯に全員集合
f:id:kakibayashi:20160225002524j:image

風呂に入った後、糸島のオープン前のゲストハウス 「いとより」に泊まらせていただき
オーナーのなるさんやみんなとシェア会したり語ったりして、その日は爆睡した

寝たりゴロゴロしてたら一瞬でおわってしまうような1日と、比べ物にならないくらい経験になりいろいろと感じ考えさせられる1日
ここまで差が出るってすごいね

あと2日もガンガン刺激されよーーー