読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキバー旅行記

ヒッチハイクに始まり、日本一周、オーストラリア一周、、、 考え、気づき、知る。誰の人生でもなく、自分の人生を歩むために Twitter→@kctikimono Facebook→柿林春輝

スポンサーリンク

ブルームのケーブルビーチは天国だった 〜オーストラリア一周0円旅20日目〜

スポンサーリンク

 

ギャーーー!!

 

 

 

ファックユーーー!!

 

 

 

 

What the fuck!?

 

 

 

 

 

深夜1時

 

相変わらずアボアボたちがうるさい

 

 

ただの酔っ払いか、薬中か

 

 

 

まあどっちでもいいけどからんでくんなよ!

 

 

人目の少ない草原に隠れての野宿

 

 

 

盗られて困るようなもんもないけど、盗って得するようなもんもないけん

まじで来んなよ

 

 

 

 

 

たぶん何回かばれてたけど、1度も絡まれることなくなんとか朝を迎えた

 

 

 

 

〜朝〜

 

ピーチクパーチク

 

 

 

熱帯気候で野宿すると体だ汗で気持ちわりーーー

 

まじでどぅぶどぅぶだわ

 

 

 

 

今日こそはお金振り絞ってバッパー泊まってやる

 

まじで

 

 

 

 

朝6時半

 

とりまバッパーのチェックインの10時まで適当に時間潰すことに

 

 

 

まだ日が出てすぐなのに、もうすでに公園にはアボアボたちが何人か来てる

 

 

 

そしてたまに絡まれる。

 

 

 

暇やけんギターの練習でもしよっと

 

 

ジャンジャンジャラララジャンジャン〜♪

 

I'm free to be whatever I

whatever I choose I'll sing blues if I want 

 

 

 

朝食ギター弾いてたらおばアボが話しかけてきた

 

「文無しなの?

このお金であそこのマック行ってきたんさい」

 

 

!!!???

 

 

 

まさかの展開

 

 

生活保護で酒とドラッグびたりの公園生活って話しか聞いてなかったから、この展開にはびっくりした

 

 

いや、アボアボにもいろんな人がいるよなー

 

 

驚きのセンキューを伝え、マックへ

 

ありがたく朝マックをいただいた

 

 

 

まじで、ジャンク感半端ない(笑)

 

そして、昨日の夜ぶりのマック

同じ店員がいなかったことを願う(笑)

 

 

 

おばアボにお釣りを返し、しばしアボアボたちが休んでいる木陰で朝食

 

 

みんな公園の木の木陰に集まって、何してんだろーなー

 

 

 

 

特に何するわけでもなく、寝てる人もいれば、なんか話してる人もいる

 

 

こんなスーパーハイパー穏やかな生活あるかよ笑

 

 

 

 

そして、9時半ころに宿に行ってとりま荷物だけ置かせてもらった

 

 

そして再び町の散策

 

ブルームもある程度観光地化していて、お土産屋とかオシャレなレストランとか金があったら楽しめそうなスポットはちらほら

 

 

けどまあ一番のメインはやっぱりケーブルビーチ!

 

てかそれを見に来たのだ!

 

 

そんな大きすぎもせず、かといってモールとかもあって小さすぎもせず

風が気持ちよくて町の横に超絶綺麗なビーチもある

 

ブルーム良いね!

 

 

 

そして昼過ぎ、宿にチェックインしてとりま昼寝

 

野宿はやっぱりあんま疲れがとれぬ

 

 

1時間半くらい寝た

 

 

外で寝た後だと、バッパーのドミトリーのごみベッドでも宮廷にある黄金の羽毛ベッドのように感じる

 

ありがたやありがたや

 

 

 

宿からケーブルビーチ行きのバスが無料で出ていたので、とりあえず行きはそれを使うことにした

 

 

 

バスが出るのを待っていると、日本人らしき男の人が声をかけてきた

 

「where are you from?」

 

アイム ジャパニーズ!😏ニヤ

 

 

話を聞いてみると、滋賀出身のひろきさんも数日前にブルームに来たけどまだケーブルビーチには行っていない!とのことだったので、2人で行くことにした

 

 

 

バスに揺られ15分

 

 

 

この距離なら町から歩いてでもいける

 

 

 

とりまシドニーのボンダイビーチ見比べてやろーか笑

 

 

 

 

 

 

 

 

、、、、、

 

 

 

や、、やべーーーーー!!!

 

 

ボンダイビーチごみやん!!!

 

 

いや、というかケーブルビーチが超絶綺麗!!

 

 

綺麗な水色に白い砂浜

 

そしてどこまでも開けたこのビーチ

 

波も穏やか

 

 

 

沖縄の海とはまた違った美しさ

 

 

 

なんならエアーズロックよりも感動した笑

 

 

 

この瞬間の写真がないのが残念である、、、

 

 

 

唯一残っている写真が一枚あるので、それを後ほど見せよう

 

 

 

ひろきさんは小学校の先生をしているらしく、その話を聞きながらビーチを散歩

 

 

 

にしてもビーチ長ーーーい

 

はしから端までいったら10キロはある

 

 

 

え?

そんなんで長いとかいってたらいけんって?

 

 

なにやらオーストラリアには、うん十キロ続くビーチが結構ゴロゴロあるらしい

 

なんてこった

 

そんなとこ散歩してたら1日が終わってしまうわ

 

 

 

そしてやっとビーチの南端についた

 

なんで南端に来たかって?

 

 

ケーブルビーチの南には、昔恐竜が何億年後かに観光スポットになるだろうと気を利かせ、足跡を強めにつけていった場所があるからだ

 

 

そのおかげで今日、俺らもこーやってケーブルビーチで半日潰すことができるのだ

 

 

サンキューダイナソー

 

 

 

 

ついてびっくり

 

そこに姿を現したのは本当にただの足跡

 

たぶんオーストラリアの子供たちが夏休みの自由研究で作ったであろう足跡だった

 

 

 

 

 

ひろきさん

帰りましょうか、、、笑

 

 

 

 

来た道を折り返し、夕暮れをまつ

 

 

 

 

そして待ちに待った瞬間がやってきた

 

 

う、うわーーーー

 

 

やっぱケーブルビーチやべぇーーーー

 

 

f:id:kakibayashi:20170326224326p:image

 

 

 

砂に染みた海水に、夕日が反射して

これでもか!ってくらいのオレンジが広がる

 

 

 

まじで圧巻だった

 

 

 

もうオーストラリア一周0円旅が終わったかのような達成感(笑)

 

 

 

いけんいけん、ちゃんと宿に帰って明日からまたパースに向けてヒッチハイクやで

 

 

 

日が沈みきった後、誘ってついてきてもらったはずのひろきさんに帰り道を教えてもらい

なんとか市街地へかえってきた(笑)

 

 

Wool earth で明日からの旅の食料を買い、夕食

 

 

 

夕食はなんとひろキングさんのおごりでマック!!

 

 

ブルーム来て3回目のマック

ごちそうさまでした!笑

 

 

 

 

 明日からまた2100キロヒッチハイクしてパースへ向かいます!

 応援してくれる人はポチっとお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村