読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキバー旅行記

ヒッチハイクに始まり、日本一周、オーストラリア一周、、、 考え、気づき、知る。誰の人生でもなく、自分の人生を歩むために Twitter→@kctikimono Facebook→柿林春輝

スポンサーリンク

オーストラリアでゲイに喰われそうになったときの話聞きたい?

スポンサーリンク

お久しぶりみなさん

約7か月ぶりの更新になります

 

なんでこんなにも更新なかったんや!

 

はい

結論から言うと、ずっと動いてたからです。

 

よーやく今年いろいろやってきたことにも区切りがついたので、カキバー旅行記再開します!

 

 

7か月待ち続けてくれた読者のみんな!待たせたね!!

(たぶんいないけど一応言わせて)

 

 

そして今回のタイトル見て!

再開早々おもろげでしょ!笑

 

みんなはそーいうネタ好きですか?笑

※結果的にネタになっちゃっただけで、決して私自身ゲイに喰われたくてオーストラリアに行ったわけではございません。

 

 

 

まあ前置きはこのくらいにして、オーストラリアのワーホリ話 はじまりはじまり~

 

f:id:kakibayashi:20161216115416j:image

 

 

 

2016年5月、ワーキングホリデーでオーストラリアにいった俺

まあなんで行ったかとかは今度詳しく話すと、シドニーからはいったんだけれども、現地に友達もいないし、英語力カスだし、最初は何をすればいいのかも全然わかんなかった

 

けど、一つだけ行く前から思っていたのはなんかおもろいことしたいってこと!

ただ普通に生活するんじゃなくて、普通じゃないことをしたかった

 

 

そんでもって、シドニー到着後一週間

いいアイデアが浮かんだ

「そーだ!couch surfingしよう!」

 

 

couch surfingってのは、俺が広島で外国人を家に泊めてたやつで

外国人の友達ができるきっかけであり、寮を出されるきっかけになったあれであり、無期停学処分を受けた原因でもあるあれである

 

 

 

せっかく海外いるんだし、これを試さない手はない!

まだ安宿に泊まってて、住むところもちゃんと決まってないし、オーストラリア人と友達になったらいろいろ聞けるし、(宿代浮くし)、得しかねえじゃん!

 

ってことで、すぐにアプリで検索をかけhostを見つけ出した

 

 

次の日には、安宿をチェックアウトし2日間泊まらせてもらう予定でジェームスの家へ行った

 

夜9時、もう外は真っ暗

けどなんとかジェームスと合流

 

家は何人かのシェアハウスで、その家の一部屋に住んでいた

シャワーも貸してくれ、「なんでも言ってくれよ!」みたいな感じで優しい

 

 

キングサイズのベッドの上で、洋楽アーティストのPVを二人で見たりなんかもした

いやー俺の英語クソだけど、それでも会話ちゃんとしてくれてまじで来てよかったー

 

 

「仕事何してるの?」

って聞いたら

「俺はマッサージ師をしてるんだ」

と答えた

 

ほうほう、そーなんですね。。。(聞くんじゃなかった)

 

そんな話をしていると、

ジェームスが俺の傷ついた背中を見て「どうしたんだこの背中は!?」と騒ぎ出した

 

あ、それはあの、自分で掻く癖がありまして、、、

 

これはひどい、薬ぬってやるよ!」

 

大丈夫大丈夫!いつものことだから、そのうち治るよー

 

「いいからいいから!」

そういって、りんご酢を塗りだした

 

「これ塗ったからほんとすぐ治るから!安心しな!」

 

あ、あぁ、ほんとに?まあありがとう

 

 

そんなやりとりがありながらも、夜も遅いし寝ることにした

キングサイズのベッドに二人で。

 

 

と、ふとジェームスがこんなことを言ってくる

「寝る前にマッサージやってあげよっか?」

 

え、まじ?(汗)

 

その言葉とともにマッサージ師モードに入るジェームス

指示されるがままにうつぶせに寝転がる俺

 

 

 

 

と、電気を消した!

 

まじか!電気消すか!

そう来るか!

 

 

さらに、うつぶせの俺に馬乗りになるJ

 

ちょ、ちょ

ガタイいいから割と重い!!

 

 

そして、背中のマッサージを始める

 

おいおいおい、馬乗りはいいとして、おれのケツに君のち〇こがあたってるのはなぜ?!

やばくないですか

couch surfing一発目からこれはなくなくないですかーーー!

 

 

軽く冷や汗を出す俺と、 手の動きとともに自分のも動かすJ

 

ちょ、これどっちがマッサージされてんのかわかんないよまじで、、、

 

 

俺の焦りとは裏腹にどんどん勢いが激しくなってくる!

ジェームスのジェームスがケツにがんがん当たってくる!

 

 

 

まじで?

これ勢いでいっちゃうのか?

ゲイの童貞卒業しちゃうのか?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやーーーーーーー!!!!!

いまじゃなーーーーい!!!!!!

 

 

 

 

 

「That's enough」

 

 

最強の言葉や

その言葉とともに、マッサージは終了した。

 

 

 

「Thank you so much」

(いや、これ何も言わんかったらどーなってんだよ。。。) 

 

 

 

マッサージが終わったは良いが、これから同じベッドで2人で寝んといけんこの状況

 

 

安心していいですか?

あなたを信じて、熟睡してもいいですか?汗

 

 

寝てる間にあんなことやこんなことするのは無しでお願いします!!!

 

そう心の中で叫び、寝ることとなった。

 

 

 

 

いや、この状況でもなんだかんだ寝れてしまった俺に拍手ください。。。笑 

 

 

 

 

 

ピーチク パーチク ピーチク パーチク

〜次の日〜

 

 

どうやら俺のgayの童貞は守られたようだ

 

そのかわりに、2日泊まる予定だったが今日は泊まれなくなった

と、むこうからノーモアの言葉がきた

 

 

うん、俺も方向性の違いを感じてたところなんだ

 

その言葉がとともに、俺は昨日出た安宿へ避難するように帰った。

 

couch surfing大作戦

初日で終了!!

 

ブログランキングに参加しています。

なんだかんだ最後まで読んじゃったーって人はポチッとお願いします↓

明日の運勢は吉になるでしょう

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村