読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキバー旅行記

ヒッチハイクに始まり、日本一周、オーストラリア一周、、、 考え、気づき、知る。誰の人生でもなく、自分の人生を歩むために Twitter→@kctikimono Facebook→柿林春輝

スポンサーリンク

吉幾三 feat. 春輝/俺らシドニーさ行くだ〜オーストラリア一周0円旅 24日目〜

スポンサーリンク

パースで盗難に合い、週6のクリーナー仕事をしている内にボロボロに休息どころかさらにボロボロになった俺

 

2ヶ月かけ、やっとこさクレカもバンクカードもパスポートも再発行ができた

 

 

 

、、、、うん

 

 

もう疲れたし日本に帰ろっか(笑)

 

 

ってことで、ラストの力ふりしぼってヒッチハイクするよーーー!

 

 

 

 

 

っていっても、ヒッチハイクで日本の稚内から鹿児島までいって、もっかい稚内まで帰る距離

 

f:id:kakibayashi:20170418132339p:image

 

 

ここまで長いともはや急ぐ気にもなんない(笑)

 

 

1ヶ月止めてもらったボスの家を後にし、いざパースの右上Midlandへ

 

 

とりあえず2800キロ先のアデレードまで着いたら泊まれる場所を知っているので、そこまでは野宿で頑張る

そうさ、たったの2800キロさ(笑)

 

 

少なくとも5日はかかる見込み。。笑

 

 

2ヶ月ぶりの国道ヒッチハイク!!!

 f:id:kakibayashi:20170418132403j:image

 

久しぶりのヒッチハイクは気持ちがいい

「このボードでどこまでもいってやるぜ!!」っていう意気込みになる

 

 

が、場所の選択ミスで全然止まってくれる気配なし

 

あらら、、

今日中にはとりあえずパースを脱出しときたいのに、このペースじゃあどこまで いけることやら

 

 

午後一で開始したものの、乗せてもらえたのはその3時間後

やっとの思いで乗せてもらえるとやっぱ感動するんだよな〜

 

たったの10分とかだったけど、良い場所があるからとヒッチハイクしやすそうな場所に連れてってくれたカップル

追い詰められてから救われた時の感動ね

それだけで酒なくても浸れるよまじで(笑)

 

 

そして、感謝の気持ちを胸にパースの端っこから再スタート!

 

場所の良さか、10分で乗せてもらった!

今度は後部座席にジュニアを乗せた金髪青目の兄貴

っていっても俺の一個上とか(笑)

 

 

やっぱアジア人じゃ金髪青目には敵わんわ〜

そう痛感した。笑

 

 

俺が金髪青目だったら何しよーーー(妄想)

なんてこと考えてたら、ふとした会話からチ◯コの話になっていた

 

金髪青目のエルフ「日本人のチ◯コはでかいのか?」

 

俺「いやー、普通だよ。オーストラリア人には負けるよ(笑)」

 

金髪青目のエルフ「ちょっと脱いで見せて見ろよ。グフフ」

 

俺「え、、?どゆこと?」

 

金髪青目のエルフ「いいからパンツ脱げって」

 

俺 分からないフリ(これって冗談?ガチ?)

 

金髪青目のエルフ「チ◯コ見せろってー。ニヤニヤ」

 

俺 分かってないフリ

 

 

、、、、、、

 

気まずい空気が流れる

 

やっと乗せてもらったのにここで降ろされるのもいやだけど、

ここでパンツ降ろされるのもやだよ

 

どーすればええねん。

 

 

どーすればええねんおれーー!!

 

 

そこから会話の盛り上がりは一気に失せ、俺も半分眠りながり250キロ先まで乗せてもらった

 

 

 

、、、

ふぅーー

なんとかチ◯コ見せずにすんだ、、、

 

 

結婚してるくせにバイ疑惑が出てきた金髪青目くんとバイバイして、もう時間は6時

日も暮れかけ、気分もくれかけ。

 

メレディン(Merredin)という小さな町に着いた

 

今日はここで野宿かな〜

けどまあやることもないし、日が完全に暮れるまで頑張るか〜

 

10分に一台通る車にアピアピアピール

 

 

 

キターーー!!

半ばこの町での野宿を覚悟していたときにきたーーー!!

 

俺「この先の町まで乗せてもらえませんか?!」

 

おじいちゃん「何!?英語を話せ!英語を話すんだよ!!」

 

俺「え、、だからこの先の町まで乗せてってくれませんか?」

 

おじいちゃん「英語を話せ!じゃないと分かるか!!」

 

 

、、、

俺の発音ってそんなに悪いか!?泣

 

 

 

 

何回か言ったらやっと理解してくれて乗せてもらえた

オランダ出身のおじいちゃんはめちゃめちゃ気が強い

乗って最初1時間は結構叩かれた(笑)

 

 

そんなに叩かれたら話すのにもいちいちビビるよ、、笑

 

 

けど、なんだかんだ250キロくらい乗せてくれて、クールガーディ(Coolgardie)ってところに着いた

 

もう夜の11時

余計な心配をかけたくはないので、野宿することは言わずおじいちゃんとお別れした

 

 

はいはい、今晩はここで寝ましょーか

もう野宿にもなれましたよ

 

f:id:kakibayashi:20170418132527j:image

 

テントもねぇ

寝袋もねぇ

体あっためる酒もねぇ

金もねぇ

相棒もいねぇ

朝起きて公園で

先住民に絡まれる

 

オラこんな村いやだ〜

オラこんな村いやだ〜

 

 

 

ブログランキングに参加しています

今晩の野宿を乗り越えるためにポチッとお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村